@舎ひとよしのロゴ
HOME イベント 歴史・文化 観光 球磨焼酎 温泉宿泊 お店紹介
人吉球磨「相良三十三観音」
「相良三十三観音めぐり 春の一斉開帳」に合わせて


人吉球磨地方の美しい自然に、溶け込むように点在する観音霊場。さまざまな言い伝えの残る観音堂や観音像は人吉球磨の貴重な文化遺産。
鎌倉時代の創建と伝えられるこれらの観音像は、素朴な表情と慈悲の眼差しで人々を引きつけてやまない。
「相良三十三観音めぐり」は、春と秋の彼岸に、全ての観音堂が一斉に開帳される。この日は、九州各地から多くの善男善女が巡礼に訪れる。江戸時代に庶民の間で広まったとされるこの観音めぐり。一番札所から三十三番札所のすべての観音堂をめぐり終えると、人吉盆地をちょうど一周したことになる。地元の方々がお茶やお菓子を振舞うお接待が今なお続いている。心あたたまるふれあいも楽しみの一つ。
春の一日、周りの景色を味わいながら、ゆっくりのんびり観音めぐりへ。
今年の、春のお彼岸は、3月21日。


清水観音 中尾観音 矢瀬が津留観音 三日原観音
鵜口観音 嵯峨里観音 石室観音 湯の元観音
村山観音 瀬原観音 芦原観音 合戦嶺観音
観音寺観音 十島観音 蓑毛観音 深水観音
上園観音 廻り観音 内山観音 植深田観音
永峰観音 上手観音 覚井観音 栖山観音
生善院観音 龍泉寺観音 普門寺観音 上里の町観音
宝陀寺観音 中山観音 宮原観音 秋時観音
土屋観音 新宮寺六観音 赤池観音  
   
Copyright (c) 2006 Direct. 人吉”ひかり”研究会. All rights reserved .人吉の情報満載@舎ひとよし