@舎ひとよし
HOME イベント 歴史・文化 観光 球磨焼酎 温泉宿泊 お店紹介 伝統工芸
肥薩線HOME 特集 車窓アルバム 動画 マップ
肥薩線
SL
〔肥薩線 メニュー〕
特集
肥薩線車窓アルバム
駅を訪ねて
坂本駅・白石駅
人吉駅
大畑駅
矢岳駅・真幸駅
大隈横川駅・嘉例川駅
肥薩線の歴史・近代化産業遺産
球磨川の橋梁
矢岳第一トンネル
SL
SL 58654号機
矢岳駅SL展示館および
吉松駅の保存車両
動画でみる肥薩線
マップ(路線図)
 
〔おすすめ記事〕
SL人吉号の特集はこちらから

SLの勇姿を再び・・・
= 58654号機 =
運行再開へ
昭和50年3月に引退し矢岳駅のSL展示館で保管されていた58654号機が、昭和63年オーバーホールされ復活し、最後のハチロクとして肥薩線では年3回ほどその雄姿を見せてくれましたが、平成17年8月、老朽化により引退いたしました。
その後、人吉球磨地域の方々の熱意ある訴えなどにより、平成19年1月に九州旅客鉄道株式会社の定例会見で、肥薩線全線開通100周年の平成21年夏に熊本〜人吉間を運行することが発表されました。
また、その勇姿を再び見せてくれることを楽しみに待っています。
SL

歴史
ハチロク8620形
8620形は、日本国有鉄道(国鉄)前身である鉄道院が製造した、日本で初めて本格的に量産された国産旅客列車牽引用テンダー式蒸気機関車です。
「ハチロク」と愛称され、国鉄蒸気機関車の末期まで全国で使用されました。明治末期に急行列車用として各国から輸入された8700形・8800形・8850形などを参考に、日本の蒸気機関車国産化技術の確立を目的として設計、製造されました。
昭和6年(1931)から廃車が始まりましたが、1955年までの廃車は20両前後しかなく、殆どが蒸機終焉期まで走り続け、軸重負担が軽いのもあって、貨物輸送量の小さい先駆では重宝され、全国各地を転々とした物も多く見られます。一番最後まで残ったのは、58654。昭和50年3月10日まで、走っていました。
SL

データ
SL人吉号とは、九州旅客鉄道が鹿児島本線熊本駅〜人吉駅間を運行していた臨時快速列車である。1988年より「SLあそBOY号」の運行期間中の数日を運転日とした蒸気機関車牽引による「SL人吉号」として運行されていた。
基本的には、あそBOYで使用される50系客車で全車両座席指定席であり、通常の座席指定席よりも割高な金額設定を行っていた。停車駅も「九千坊号」に準ずる停車駅であった。
8620形は蒸気機関車終焉まで走り続けましたが、一番最後まで残ったのが58654号機であり、最高齢のSLです。
大正11年、 日立製作所にて製造。
長崎県浦上機関区に配属。
大正15年2月、福岡県若松機関区に転属。
昭和43年6月、熊本県人吉機関区に転属。
昭和50年3月、廃車。
人吉市SL展示館にて静態保存。
昭和62年8月、JR九州小倉工場にて整備後、 『SLあそBOY』牽引機として復活運転を開始。
平成17年8月 引退
平成19年1月 JR九州が「H21夏のSL復活」を発表
*8620形式/大正3年から製造された、国産初の旅客用蒸気機関車。昭和4年までに687両が製造される。
写真提供者:豊永和明氏
Copyright (c) 2008-9 Direct. 新幹線くまもと創りプロジェクト人吉球磨地域推進本部. All rights reserved .人吉の情報満載@舎ひとよし