@舎ひとよし
HOME イベント 歴史・文化 観光 球磨焼酎 温泉宿泊 お店紹介 伝統工芸
肥薩線HOME 特集 車窓アルバム 動画 マップ
肥薩線
あさがお型の石造り噴水
〔肥薩線 メニュー〕
特集
肥薩線車窓アルバム
駅を訪ねて
坂本駅・白石駅
人吉駅
大畑駅
矢岳駅・真幸駅
大隈横川駅・嘉例川駅
肥薩線の歴史・近代化産業遺産
球磨川の橋梁
矢岳第一トンネル
SL
SL 58654号機
矢岳駅SL展示館および
吉松駅の保存車両
動画でみる肥薩線
マップ(路線図)
 
〔おすすめ記事〕
SL人吉号の特集はこちらから

駅を訪ねて〜矢岳駅・真幸駅〜
矢岳駅
矢岳駅は、肥薩線でもっとも高い場所にある駅で、人吉駅より約430メートル以上も高い標高536.9メートルに位置しています。
かつて、この矢岳駅の周辺には、肥薩線最大の難工事といわれた「矢岳トンネル」の工事関係者が多数住んでおり、その数は当時の村民より遙かに多かったといわれています。
現在は、静かな集落に佇む無人駅となっていますが、高い天井を持つ駅舎は明治42年の建設当時の姿を色濃く残しています。
また、駅構内にある人吉市SL展示館には「D51 170号」が保存されており、今にも走り出しそうなその姿は鉄道ファンに広く知られています。

データ
矢岳駅(読み:やたけえき)  (データ)
明治42年(1909年)11月21日開業無人駅/木造駅舎/便所有

周囲の施設
矢岳高原キャンプ場
矢岳(やたけ)駅の様子
 
真幸駅
真幸駅は、宮崎県えびの市内竪にあり、「真の幸せに入る」に通じるとして、切符などで人気のある駅です。 ホームには「幸せの鐘」があり、こちらも観光客の人気を集めています。周囲には人家がなく、鉄道ファンには「秘境駅」としても知られています。

険しい山線の区間にあり、勾配に弱い蒸気機関車のために、通過不可能な逆Z字型のスイッチバック構造で、昔運転されていた優等列車も、必ず停車しなければならなかった駅です。

昭和47年に起きた山崩れに、線路・駅・集落が襲われ、翌年には営業を再開。現在は民家もまばらですが、駅自体が観光地と化しており、いさぶろう・しんぺい号とともに駅を訪れる観光客の姿も多く見受けられています。 休日には物産店も出店し、待合室には「真幸文庫」という、個人から寄贈された本棚もあります。
真幸(まさき)駅の様子

データ
真幸駅(読み:まさきえき)  (データ)
明治44年(1911年)5
月11日開業/無人駅/木造駅舎/便所有
右の写真は、人気の「幸せの鐘」

幸せの鐘
真幸駅

写真提供者:豊永和明氏
Copyright (c) 2008-9 Direct. 新幹線くまもと創りプロジェクト人吉球磨地域推進本部. All rights reserved .人吉の情報満載@舎ひとよし